• 特許調査・技術情報調査|知財業務ソリューション|技術者教育・知財教育|特許/技術系翻訳・法務翻訳の日本アイアール株式会社

  • Generic selectors
    Exact matches only
    Search in title
    Search in content
    Search in posts
    Search in pages
    Filter by Categories
    china_IP-Legal
    china_patent-report
    news
    news2018
    news2019
    no_show
    募集職種
    書籍
    未分類

米国特許文書と出願方法の基礎を学ぶ

Basic U.S. Parent Writing and Filing
米国特許文書と出願方法の基礎を学ぶ
(米国特許教育用DVD)

企業の知的財産部、特許事務所、知財専門大学院などでの米国特許研修に役立つDVDです。

何度も繰り返し、ネイティブによる専門用語を含めた解説を聴き続けることで、特許英語力が自然と身につきます。

米国の特許事務所や法律事務所に長期研修に行かれる方の事前学習に最適です。

国際的に通用する知財マンの育成は知財立国日本の課題でもあります。米国特許の勉強は原語で学びましょう。

特許業務に携わる方で英語の勉強をしたいという人は、特許英語を学んだ方が効率的です。

英語の勉強が自分の特許に関するスキルアップにも直接つながり、二重のメリットを得られます。

特許事務所の弁理士先生の皆さま

日本の特許出願は、中長期的には今後も減少していくという説があります。
当然ながら競争は激化される。価格は下がる。品質は悪くなる。
・・・ということで、特許事務所の経営は厳しくなることも予想されます。
これからは「特許のグローバル化」への対応が不可欠です。
国際特許事務所は、その名(国際)にふさわしく「グローバル化」へ対応できるスキルが無ければ淘汰されることになるかもしれません。
知財分野で仕事をしている人は語学のスキルがないと「本当に生きていけない」時代が来るかもしれません。
今は、その転換期にあります。所員の教育に、この教材を活用されてみては如何でしょうか?

「米国特許司法試験対策講座」で活躍中の米国特許弁護士が講師を努めています。

Jim Longacre / John White / Matthew Stavish(いずれも米国特許弁護士)

教材の構成

1.DVD 8枚
2.英語⇔日本語対訳テキスト
3.教材使用の完全包袋(紙&CD-ROM)
4.米国特許法35US.C102&103抜粋

教材の特徴

①実際の米国出願書類を使用した講義です。
米国特許の完全包袋を教材として採用しており、リアリティがあります。
講師陣も、日本でよくある「弁理士受験用の学校」のプロ講師に相当し、明快な解説となっています。

②聴いたその日から実務に役立つ講義内容です。
しかもコストをかけずに、強い米国特許を獲得するノウハウまで学べます。

③強力な副教材でバックアップします。
英語の聞き取りはちょっと・・・という方のために、
講義の内容を理解しやすいように、英文テキストと日本語の対訳が付いています。

テキストのサンプル

例:2時間目「包袋の構造と米国特許審査便覧」より抜粋

Hour 2

Anatomy of a File History;M.P.E.P

[0586] Now at the bottom in section 12, you will see a fee record there that pushes the fee to $1432, and you‘ll see that there are 36 claims.

[0587] These claims are by virtue by a preliminary amendment, which was filed with this application?preliminary amendment B, which we will look at.

[0588] Okay.This is the cover sheet.

[0589] That is now finished as a topic, and we go to page 14, which begins the bits and pieces of the application.

[0590] The bits and pieces of the application continue right through the oath, the declaration, to page 53, and this includes all of the specification, the original claims and drawings, and the oath.

[0591] The next sheet in the application is page 54.

[0592] This is simply examiner‘s notes on what the claims are and their organization.

[0593] And then we get to page 55, which is the preliminary amendment B, which we spoke about, and which changed all those claims.

2時間目
包袋の構造と米国特許審査便覧 出願料金

[0586] それでは、12ページの一番下を見て下さい。出願料金の金額は$1,432に上げられ、またクレーム数も36項に増えています。

[0587] これらのクレームは、審査前補正が特許出願と一緒に提出された時点で追加されたものです。後でこの審査前補正Bを見ることにします。

明細書、原クレーム、図面、宣誓、<教材:ページ14~53>

[0588] [0589] 講義のトピックとしての、特許出願の表紙(cover sheet)の説明はここで終りにしたいと思います。次に14ページから始まる特許出願の詳細を見てみましょう。

[0590] 特許出願の詳細は、宣誓と宣言書の53ページまで続きます。これには明細書、オリジナルのクレーム、図面、そして宣誓が含まれています。

審査官ノート[0591] 次に54ページを見て下さい。

[0592] これは、審査官がクレームの内容やその構成について覚書を記したものです。

審査前補正B

<教材:ページ55>

[0593] この次に続くのが教材の55ページにある審査前補正Bとなります。先程も説明したように、この審査前補正Bがまたクレームを変更しています。

[0597] But at the moment, I want to give you a brief understanding of the Manual of Patent Examining Procedure.

特許審査便覧

[0597] さて、ここで特許審査便覧(the Manual of Patent Examining Procedure: M.P.E.P.)について簡単に説明したいと思います。

価格

法人購入の場合

◆DVD 8枚+テキスト: 480,000円/セット(税抜)
◆テキストの追加(オプション): 20,000円/セット(税抜)

個人購入の場合(E-ラーニングサイト「ナレッジプレイス」を利用)

◆1講義 10,000円/3ヵ月(税抜)
または
◆1-8講義一括 70,000円/6ヵ月(税抜)
※詳細はこちらから

講義内容の詳細

この教材の講義内容の詳細(目次)についてはこちらをご参照ください。