• 特許調査・技術情報調査|知財業務ソリューション|技術者教育・知財教育|特許/技術系翻訳・法務翻訳の日本アイアール株式会社

  • Generic selectors
    Exact matches only
    Search in title
    Search in content
    Search in posts
    Search in pages
    Filter by Categories
    china_IP-Legal
    china_patent-report
    news
    news2018
    no_show
    募集職種
    書籍
    未分類

ブラッシュアップ型先行
技術調査


 ”もやし特許”撲滅のための
「ブラッシュアップ型 先行技術調査」のご提案

ムダな特許出願は止めて、広くて厚みのある「強い特許出願明細書」を作成し、
量から質へ転換させることで、「知財コスト」を大幅に削減することが可能です。
質の高い特許取得を図るのであれば、先行技術との比較を行うための特許調査を繰り返し行い、
発明をブラッシュアップしていくことが不可欠です。


 ”もやし特許”撲滅のための
「ブラッシュアップ型
先行技術調査」のご提案

ムダな特許出願は止めて、広くて厚みのある「強い特許出願明細書」を作成し、量から質へ転換させることで、「知財コスト」を大幅に削減することが可能です。質の高い特許取得を図るのであれば、先行技術との比較を行うための特許調査を繰り返し行い、発明をブラッシュアップしていくことが不可欠です。

”もやし特許”になる発明とは?

◆十分な「先行技術調査」をせず、他人の技術と比較していない発明
◆技術の展開が不十分な発明(網羅不足、掘下げ不足、説明不足、論理力不足など)
◆拒絶を受け、請求の範囲の減縮補正を重ねた、狭くて弱い発明(実質的に権利行使不可能)

優秀な発明者は知っています

発明者は優秀であればあるほど、1回の先行技術調査だけで終わることはありません。先行技術調査を重ねることで、自分の発明が強くなることを知っています。

(1) 出願前に進歩性を否定すると、発明者は新しいアイディア、観点、構成要件などを生み出します。自分の説明不足にも気づきます。

(2)先行技術調査報告書(下図参照)を精査することで、発明者は自分の技術と他人の技術を比較する習慣が身に付きます。

(3)先行技術との対比を重ねることで、発明者は、バリエーションに富んだ強い特許へつながる「発明提案書」が書けるようになります。

※ちなみに、優秀な発明者の「発明提案書」と「先行技術調査報告書」のやりとりを時系列でまとめると、社内的に素晴らしい「本物の教材」になります。

出願前に進歩性(先行技術と比べた優位性)を調査することのメリット

(1)(当たり前ですが)広くて厚みのある強力な特許権を取得できます。
(2)ムダな各種知財コストを削減できます。
(ムダな出願費用/ムダな中間処理費用/ムダな権利維持費用/知財スタッフのムダな時間…)

料金体系等

当サービスでは、1回目の調査料金と2回目以降の調査料金が異なります。
原則として、発明の内容や先行技術の傾向を理解した「1回目の調査を行ったサーチャー」が、2回目以降の調査も継続して担当します。
先行技術との比較を通じて生まれたアイディアやバリエーションについて、その都度迅速な特許調査を行っていくことで、発明が徐々にブラッシュアップされていきます。

料金体系 初回(対比表レポート付) 60,000円(税抜)
2回目以降 38,000円(税抜)

◆ブラッシュアップ型先行技術調査の調査報告書サンプル

お申込みフォーム

お電話でのお問い合わせ

TEL:03-3357-3467
[受付時間:平日(営業日)9:00~17:00]
特許調査担当までお気軽にどうぞ。