• 特許調査・技術情報調査|知財業務ソリューション|技術者教育・知財教育|特許/技術系翻訳・法務翻訳の日本アイアール株式会社

  • Generic selectors
    Exact matches only
    Search in title
    Search in content
    Search in posts
    Search in pages
    Filter by Categories
    china_IP-Legal
    china_patent-report
    news
    news2018
    news2019
    news2020
    news2021
    no_show
    募集職種
    書籍
    未分類
    特許調査情報・コラム

知財教育eラーニング


あなたの会社の知財教育に、e-ラーニングを活用しませんか?

抜群のコストパフォーマンス!知財教育eラーニング(IPe-L)

貴社の一番の財産である「人」を育てる教育には時間とコストが掛かります。知的財産教育の「核」となる教材を、多忙な業務の傍ら時間を掛けて作ったものの、度重なる法改正に追い付かずに結局1回しか使われず、そのファイルが今あなたのパソコンのどこかのフォルダに眠っている・・・なんてことありませんか?

古くから特許調査などで知財担当のみなさまの状況をよく理解しているアイアールがそんなお困りごとに答えました!インターネットにつながるPCやタブレットさえあればいつでもどこでも手軽に学習できる知財e-ラーニングは、2016年のサービス提供開始依頼、製造業を始めとした多くのお客様にご利用頂いています。ぜひアイアールの知財教育eラーニングをお試しください。


知財eラーニング(IPe-L)の5つの特長

驚愕の低コスト

1.驚愕の低コストでご提供。なんと、1か月9,800円~!

アイアールのeラーニングの費用は1か月あたりの受講人数で決まります。
学習機会の提供が目的で「講座の受講」のみで良ければ1ヶ月の受講人数が100人以内で、
1講座9,800円
期間中であれば受講回数の制限はないため、皆様の空いた時間を使い何回でも学習の機会を作ることができます。

またご契約の受講者数の範囲内であれば、教材を集合研修に利用頂いてもOK!
忙しい知財担当のみなさまの教材作成に割く時間をゼロにすることができます。

2.充実したコンテンツから自由にチョイス!

新入社員には・・・・・技術者のための特許「超」入門講座
技術者には・・・・・・特許基礎講座Ⅰ特許調査入門パテントマップ入門
一般社員には・・・・・知的財産基礎講座著作権入門営業担当者のための知的財産
特定職種・業界には・・デザイン担当者のための知的財産医薬品知的財産食品特許
母語が外国語の方には・英語中国語の講座

・・・など、知的財産に関する講座を多面的視点からの切り口でご提供しています。
内容に関しても専門家に監修頂いており、安心してご利用頂けます。
なおコンテンツは今後も追加予定です。

豊富なコンテンツ
柔軟な運用

3.業務スケジュールに合わせた柔軟な運用を実現!

例えば、繁忙期は同一講座を2ヶ月受講可能とし受講者の負担をなるべく少なくして
受講しやすく・・・など、講座の受講スケジュールや受講期間を状況に合わせて
自由
に決めて頂けます。

またご契約人数の範囲内であれば、今月の受講者と来月の対象者は別でOK!
つまり100人/月までのご契約の場合、1年で最大で1,200人を受講対象としていただけます。

標準のコンテンツに「自社で使っている特許検索データベースの案内を入れたい」
「コンテンツを軽量化し、自社の知的財産に関する取り決めを入れたい」
などのご要望に関しても、別途費用は頂きますが対応可能です。
標準の講座をミニマムコストで貴社にフィットするコンテンツにしていただけます。

4.理解度を図るオプション機能もご用意!!

せっかく担当者が教育の仕組みを提供しても、その効果を測るモノサシがない・・・。
このような悩みを解決しました。
講座を受講したかどうか、講座内容に関するテストを受け合格したか、を月2回レポートでご報告します。
未受講者へのリマインドや次回の知財教育企画のヒントなどにご活用頂けます。

オプション機能
圧倒的な導入実績

5.年間数万人が受講中!超大手企業から中堅・中小企業まで、圧倒的な導入実績!

手軽に始めやすくまた続けやすい仕組みとなっているため、サービスの提供開始以来長年継続頂いているお客様、短期間集中型で一斉教育をするお客様、また他企業からの口コミで導入いただいたお客様など、メーカーを始めとした様々な業種で着実にご利用が増えています。

知財教育eラーニングについて詳細を知りたい方は、こちらをご覧ください。