//< !--Event snippet for メインHP問い合わせ conversion page-->
  • 特許調査・技術情報調査|知財業務ソリューション|技術者教育・知財教育|特許/技術系翻訳・法務翻訳の日本アイアール株式会社

  • Generic selectors
    Exact matches only
    Search in title
    Search in content
    Search in posts
    Search in pages
    Filter by Categories
    china_IP-Legal
    china_patent-report
    news
    news2018
    news2020
    news2021
    news2022
    no_show
    募集職種
    書籍
    未分類
    特許調査情報・コラム

イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。

講師がリアルタイムで貴社のリスクアセスメント実施!


《1日でわかる!》
化学物質のリスクアセスメント実務

講師がリアルタイムで貴社のリスクアセスメント実施!


《1日でわかる!》
化学物質のリスクアセスメント実務

日程

2022年8月4日(木)
10:00~15:00
(個別リスクアセスメントは15時以降実施)

場所

日本アイアール(株)
本社会議室または
Zoomでのオンライン受講

定員

定員:制限なし
(会場受講は先着順で6名まで)

受講料

39,600円/1名
(税抜価格:36,000円) 

セミナー詳細


  • 講師がリアルタイムで貴社のリスクアセスメント実施!

    化学物質の自律的な管理を基本とする仕組みとして、「職場における化学物質等の管理のあり方に関する検討会」により提案された化学物質規制体系見直しの概要と、今後のリスクアセスメント対応におけるポイントを解説します。

    厚生労働省「職場のあんぜんサイト」にて公開しているリスクアセスメント支援ツールのひとつ、「クリエイト-シンプル」の概要と使用方法について紹介するとともに、簡単なデモンストレーションをその場で実施します。

    デモンストレーションの事例として、貴社での実例を取り扱うことが可能であれば、当日講師がその場でリスクアセスメントのデータを作成する無料サービス付き。アセスメントの内容を他受講者に開示しても良い場合は講義中に実例としてリスクアセスメントを行いますし、開示できない場合は講義後にお残りいただき、個別にリスクアセスメントを行います(受講お申込時にご希望の旨お申し出ください)。

    化学物質による健康被害が問題となった胆管がんの事案など、最近の労働災害の状況を踏まえ、2014年に労働安全衛生法の改正があり化学物質のリスクアセスメントが義務化されました。

    本法は施行の2016年6月から経過年数が増えるにつれ、対象化学物質は増すばかりです。

    一方、化学物質のリスクアセスメントが必要な対象化学物質を取扱っている事業者は化学業界に限ったことではなく清掃業、卸売業、小売業、飲食店、医療・福祉業など業態の規模に関係なく、かつ裾野が広いのが特徴です。

    化学物質のリスクアセスメントと聞くととても難しいものと思われ一歩踏み出せなかったという話しを良く聞きます。しかし現在とても便利なツールも開発されています。

    やり方を知る機会がなかっただけではないでしょうか。

    本講座では、法改正の契機となった労働災害の事例紹介から始まり、化学物質のリスクアセスメントの進め方を学ぶことができます。

    また講座の後半では、実際のツールを使い化学物質のリスクアセスメントの手法を解説するなど、実務上の重要ポイントを網羅的・具体的に解説しますので、実務で明日からすぐに使えるスキルを習得することができます。

    化学物質のリスクアセスメントの基礎を学びたい方から実務を行っている方まで、大変おすすめのセミナーです。

    • 化学物質のリスクアセスメントの手法を習得することができる
    • 化学物質の危険性と健康有害性について理解することができる
    • ラベルの読み方、SDSの読み方が学べる
    • 現場のさまざまな問題解決手法を活用できるようになる
  • 1.改正労働安全衛生法の概要

    1.1 労働安全衛生法とは
    1.2 法改正の概要
    1.3 胆管がんの事案と膀胱がんの事案
    1.4 化学物質の2つの側面 危険性、有害性について
    1.5 リスクアセスメント対象の化学物質とは

    2.化学物質のリスクアセスメントに必要な基礎知識

    2.1 ラベルに表示されている絵表示の意味
    2.2 SDSの読み方
    2.3 リスクの考え方
    2.4 化学物質のリスク評価の考え方

    3.化学物質のリスクアセスメントの進め方

    3.1 化学物質の危険有害性の特定
    3.2 特定された危険性または有害性によるリスクの見積り
    3.3 見積りに基づくリスク低減措置の内容の検討
    3.4 リスク低減措置の実施対策
    3.5 リスクアセスメント結果の労働者への周知

    4.化学物質のリスクアセスメントツールの使い方

    4.1 クリエイト-シンプルの使い方
    4.2 コントロールバンディングの使い方
    4.3 マトリクス法の使い方
    4.4 尺度化した表の使い方
    4.5 個人ばく露濃度計の使い方

    5.最新のトピック

    職場における化学物質等の管理のあり方に関する検討会報告書

    6.化学物質のリスクアセスメントの後に行うこと

    6.1 ばく露低減の考え方
    6.2 局所排気装置の基本
    6.3 保護具選定の方法
    6.4 管理者の意識、担当者の意識とリスクコミュニケーション

    ※個別リスクアセスメントをご希望の方は、お申込時に「個別リスクアセスメント要」と明記いただき、当日までに貴社でご利用の化学物質の状況をご整理ください。また当日、オンライン受講の方は当日ご使用のPCに、アセスメントしたい物質のSDSのデータをPDF等電子データで保存してください。会場での参加を希望される方は、SDSをプリントアウトしてお持ち下さい。

講師プロフィール


鈴木 孝

鈴木 孝(すずき たかし)

一代技術士事務所 代表 技術士(化学部門)
(一社)化学物質管理協会 理事
東京工業大学 非常勤講師
労働安全コンサルタント(化学)
公益社団法人日本技術士会(正会員)
一般社団法人化学物質管理士協会(正会員)
エネルギー管理士(熱)、公害防止管理者(水質1、大気1)
第一種衛生管理者、高圧ガス製造保安責任者(甲種化学) など

  • 2004 ~ 2019 化学会社勤務、2011年から退職時まで工場長
  • 2019 ~ 一代技術士事務所
  • 2020 ~ 東京工芸大学工学部非常勤講師
    2011年の東日本大震災を経験し、工場移転に伴う4つのプラントの新規立ち上げを通して技術者育成の場における上司と部下の関係構築を考える。
    完全復興までのプロセス(工場建設、対外折衝、技術移管)の過程でSPC、MSA、FMEAを用いた工程改善、トラブルの解決に取り組む。
    品質管理、生産管理、労務管理、労働安全衛生、公害防止活動、コスト改善等、工場運営全般を得意とする。
    特に化学工場での業務改善の企業研修には定評がある。

詳細

日付:
8月4日
時間:
10:00 AM - 3:00 PM
参加費:
39,600円
イベントカテゴリー:
,

会場

日本アイアール㈱本社会議室 or オンライン受講

主催者

日本アイアール(アイアール技術者教育研究所)
電話番号:
0333573467
メール:
ir@nihon-ir.co.jp
Web サイト:
https://engineer-education.com/