• 特許調査・技術情報調査|知財業務ソリューション|技術者教育・知財教育|特許/技術系翻訳・法務翻訳の日本アイアール株式会社

  • Generic selectors
    Exact matches only
    Search in title
    Search in content
    Search in posts
    Search in pages
    Filter by Categories
    china_IP-Legal
    china_patent-report
    news
    news2018
    news2020
    news2021
    news2022
    no_show
    募集職種
    書籍
    未分類
    特許調査情報・コラム

イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。

特許調査スキルを高める濃厚6時間講義!特許クリアランスに求められる知識を伝授


 鈴木利之流 特許侵害予防調査方法

この研修は日本弁士理会の継続研修として認定を申請中です。
この講座を受講し、所定の申請をすると、外部研修機関として5.5単位が認められる予定です。

セミナー詳細


  • 特許侵害予防調査(特許クリアランス調査、抵触調査、FTO調査などとも呼ばれます)は、様々な特許調査の中でも重要性が高く、検索の進め方や抽出公報の読み込み作業に細心の注意が求められる難しい調査です。当然ながら、一般的な「出願前調査」や「特許無効資料調査」などとは異なる考え方による的確なアプローチが必要となります。

    出来る限り「検索漏れ」が生じるリスクを抑えつつも、効率の良い調査を実施するためには、特許侵害予防調査に対する正しい理解と確かな検索スキルの習得が不可欠です。

    このセミナーでは、30年を超える特許調査の実務経験を有する講師が、特許侵害予防調査に特化した内容で6時間にわたる集中講義を行います。
    自らの特許侵害予防調査のやり方に不安をお持ちの方特許調査スキルの向上を図りたい方の受講をお待ちしております。

    • 特許調査に関する基礎的な知識や経験を有していることを前提として講義します。
    • 日本の特許調査(無効資料調査)のセミナーとなります。
      (※本セミナーでは外国の特許調査は講義の対象外としています)
  • 1.特許侵害予防調査とは何か
    2.権利範囲の想定の練習
    3.侵害予防調査が遭遇するさまざまなケース
    4.調査を始める前に考えること
    5.侵害予防調査の技術
    6.仮想事例での解説[実施行為の特定/他社特許権利範囲の想定/検索例]
    7.費用や時間を少なくするための工夫
    8.調査報告書の作成
    9.質疑応答

講師プロフィール


鈴木利之 弁理士

鈴木利之特許事務所 所長

日本弁理士協同組合における特許調査研修で講師を務めるほか、様々な特許調査セミナーで長年にわたり講師として活躍中です。
約30年に及ぶ特許調査の実務経験に裏打ちされた、説得力のある講義は他とは一線を画します。

詳細

日付:
2016年3月2日
時間:
9:30 AM - 4:30 PM
参加費:
¥24,000
イベントカテゴリー:
, ,

主催者

日本アイアール
電話番号:
03-3357-3467
メール:
ir@nihon-ir.co.jp
Web サイト:
https://www.nihon-ir.jp/