• 特許調査・翻訳・中国知財・特許管理ソフト・知財教育の日本アイアール株式会社

  • Generic selectors
    Exact matches only
    Search in title
    Search in content
    Search in posts
    Search in pages
    Filter by Categories
    MASYS
    news
    no_show
    TIRZ・MC法
    その他商品・サービス
    スペイン知的財産事情
    セミナー
    ハギワラメソッド
    リーガルスタジオ(スペイン)
    レポート
    中国その他
    中国商標
    中国特許出願
    中国特許調査
    中国翻訳
    人手翻訳と機械翻訳
    会社情報
    募集職種
    書籍
    未分類
    特許教育用教材
    特許文書を考える会
    特許調査
    発明くん便り
    発明くん便り 中国バージョン
    知的財産活用研究所
    非表示(過去商品・サービス)
    NRI

イベントを読み込み中

中国での特許(実用新案)係争に備えるために、知財担当者が知っておくべき情報を伝授!


中国特許・実用新案の侵害トラブル対応に必要な知識と実務上の注意点

この研修は日本弁理士会の継続研修として認定を申請中です。
この講座を受講し、所定の申請をすると、外部研修機関として2単位が認められる予定です。

セミナー詳細


  • 中国における知財関連訴訟の件数は年々増加しています。現地での知財侵害行為も高度化しており、商標や意匠といった一見してわかりやすい模倣行為だけではなく、特許・実用新案が絡む技術的要素に関わる侵害トラブルも増えています。日本企業の知財部門は自社製品を守るため、中国での特許・実用新案の権利行使に必要な実務知識を正しく理解しておくことが重要です。

     

    また、中国現地企業の技術開発力が高まり、積極的に特許・実用新案の権利取得を続けるなか、日本企業を含めた外国籍企業が中国企業から侵害訴訟を提起され、巨額の損害賠償を請求されてしまうケースも多発しています。いわゆる懲罰的損害賠償の導入が検討されている状況もあり、中国での特許・実用新案侵害リスクはますます高まっていると言えるでしょう。

     

    そこで今回は、中国現地の最前線で長年にわたって日本企業の知財サポートを手掛けており、特許・実用新案に関する侵害トラブル対応についても豊富な経験を有する講師によるセミナーを開催します。
    近年の特許係争事案や注目すべき判例などをご紹介する他、権利者側と侵害者側の双方の立場での係争対応を想定して、日本企業の知財担当者として必ず押さえておきたい重要な実務情報をまとめて解説いたします。

     

    実際に日本企業の中国知財係争を支援し続けてきたプロにしかわからない「リアルな現地実務情報」を学ぶことができる貴重な機会をお見逃しなく!

  • 1.
    近年の中国現地企業と外国企業との間における特許/実用新案侵害トラブル(係争)事例
    2.
    相手方中国企業と侵害品の実態把握
    ・中国企業の調査(企業調査/特許調査の重要性)
    ・侵害品(模倣品)の調査、入手について
    3.
    中国における特許/実用新案侵害トラブルへの初期対応
    ・中国企業に対する警告/中国企業から受けた警告への対応(解決に向けた交渉の進め方と注意点)
    ・中国での鑑定の位置づけ(日本の鑑定との相違点)
    ・中国の実用新案技術評価書に関する注意点
    4.
    中国特許/実用新案に関する侵害訴訟・無効審判の知識と実務上の注意点
    ・中国における侵害訴訟の概要と基本的な流れ
    ・近年の侵害訴訟の傾向と注目裁判例の紹介
    ・被告側の措置と実務上の注意点(無効審判、先使用権の主張、証拠保全・公証など)
    ・懲罰的損害賠償制度の導入に向けて
    ・現地法律事務所の実態と、事務所を選定する際の考え方
    5.
    まとめ(日本企業がとるべき対策)

講師プロフィール


宮原 貴洋(みやはら たかひろ)

青山学院大学法学部特別招聘教授、経済産業省政策評価懇談会委員
(一財)経済産業調査会監事、(一社)日本デザイン保護協会意匠研究会会員
(一社)日本MOT振興協会知的財産委員会副委員長 など

啓源国際特許商標事務所 所長弁理士 / 上海享陸知識産権諮詢有限公司 総経理

元 独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)上海事務所 知識産権部部長

大手飲料メーカーの知財部門を経て、2004年より日本貿易振興機構(ジェトロ)勤務。
上海事務所の知的財産部長として、日系企業の支援に従事。「中国知財リスク対策マニュアル」等の編纂に関わる。
中国における著作権侵害の現状と対策に関する研究会委員、中国知的財産リスクについての調査研究委員会委員などを歴任。
中国の知財事情に精通したプロフェッショナルとして、講演・著作多数。

詳細

日付:
12月18日
時間:
2:00 PM - 4:30 PM
イベントカテゴリー:
, ,

会場

ワイム貸会議室四谷三丁目
四谷3-12 丸正総本店ビル6F
新宿区, 東京都 160-0004

主催者

日本アイアール
電話番号:
03-3357-3467
メール:
ir@nihon-ir.co.jp
Web サイト:
https://www.nihon-ir.jp/