• 特許調査・技術情報調査|知財業務ソリューション|技術者教育・知財教育|特許/技術系翻訳・法務翻訳の日本アイアール株式会社

  • Generic selectors
    Exact matches only
    Search in title
    Search in content
    Search in posts
    Search in pages
    Filter by Categories
    china_IP-Legal
    china_patent-report
    news
    news2018
    news2019
    news2020
    news2021
    no_show
    募集職種
    書籍
    未分類
    特許調査情報・コラム

我々は、最善の中国特許出願を
ご提案します

我々は、最善の中国特許出願をご提案します

中国知的財産サービスセンター株式会社
北京龍双利達知的財産権代理有限公司東京事務所
〒160-0008東京都新宿区四谷三栄町9-6 太田ビル3階
電話:03-5367-8801 Fax:03-5367-8807
E-mail:cipsc@cn-wang.jp

日本から中国へ特許出願しても「権利が守られない」という不安が、いまだに解消されていません。この不安は中国特許制度への不信感に繋がりますが、特許制度の理念は世界共通で公平です。
では、この不安の原因は何処から来るのでしょうか。特許審査以前の問題、中国特許明細書の不備から来ると考えます。中国特許明細書が不備となる主な原因は、原本となる日本語特許明細書から翻訳することの難しさです。曖昧で解釈の範囲が広い難解な日本語で書かれた「技術説明書」を理解できる翻訳技術者は、少ないのです。

この不安と問題を解決するには、中国弁理士が中国特許明細書を日本で作るしか方法はありません。つまり単なる言語の変換を行うのでなく我々と担当者(発明者・知財スタッフ・日本特許弁理士)が直接、打ち合わせをしながら、共同で「中国で通用する強い中国特許明細書」を作ることです。それは中国特許審査官が誤解なく理解でき、且つ中国特許法の条件を満たす「中国特許明細書」です。我々は、日中間の知財問題を解決する為に、このビジネスモデルを実行している中国唯一の特許事務所です。