• 特許調査・翻訳・中国知財・特許管理ソフト・知財教育の日本アイアール株式会社

  • Generic selectors
    Exact matches only
    Search in title
    Search in content
    Search in posts
    Search in pages
    Filter by Categories
    news
    news2018
    no_show
    募集職種
    未分類


中国商標サービス

中国商標出願/更新手続 料金表

官庁費 現地代理費 手数料(税抜)
商標出願手続 RMB 300元/類/個
(約6,000円)
RMB 1,500元/類/個
(約30,000円)
29,000円/類/個
更新手続 RMB 1,000元/類/個
(約20,000円)
RMB 800元/類/個
(約16,000円)
9,000円/類/個

備考

  • 上記価格表(円)は為替レート[1元=20円]を前提とした概算金額です。
  • 出願時の指定商品が10個を超える場合、11個目から1個あたり以下の追加費用がかかります。
  • 優先権を主張して出願をする場合、別途追加費用がかかります。
  • 2014年より、中国への商標出願時に登記簿謄本の中国語翻訳の提出が必要となりました。
  • 中国商標出願にあたっては、自社の中国語社名が必要です。まだ中国語の会社名をお持ちでない(決めていない)お客様には、3つの程度の社名ネーミング(漢字表記)をご提案させて頂く有料サービスも行っています。
    詳細はお問い合わせください。

中国商標出願の中間処理(拒絶対応)もお任せください

拒絶査定に対して不服がある場合は、再審査請求(日本の不服審判に相当)をすることが可能です。
ただし、請求期間は拒絶査定の通知書受領日から15日以内となっています。
極めて短期間で請求要否の判断を迫られる点に注意が必要です。

再審査請求(不服審判請求)の費用
  • 官庁費: 750元(約15,000円)
  • 現地代理費および手数料: 案件ごとにお見積りいたします

日本語での円滑なコミュニケーションで
中国商標出願を的確にサポート

当社では日本のクライアント様に対して、出願前の情報提供から出願書類の準備、中間処理、商標登録に致るまでの各種サポートをすべて日本語で提供しており、電話での問い合わせや書面による報告など、日本語による円滑なコミュニケーションが可能です。
中国では指定商品および指定役務の包括的な指定や、いわゆるクラスヘディングの記載は認められていませんが、指定商品の記載(指定)方法や表現については、日本出願時の指定商品/役務に対応する中国の指定商品/役務をご提案いたします。また、お客様のホームページ等で製品を確認させていただき、ご提案させて頂くことも可能です。
中国商標実務の専門家が貴社の中国商標登録を的確にサポートいたします。安心してお任せ下さい。

選ばれ続ける中国商標登録サービス・3つのポイント

01.迅速なレスポンス

中国の商標代理人からのレスポンスの悪さは、日本企業や特許事務所の商標担当者の方々にとって悩ましい問題である場合が多いです。(もちろんすべての事務所がというわけではありませんが)中国の大手特許事務所が重視するのは特許出願の件数確保であり、商標については二の次ということになりがちです。商標専門の代理人も特許に比べると少なく、特に日本語で適切にレスポンスできる代理人は僅かなようです。これではレスポンスが悪いのも仕方がありません。
当社は日本語を熟知した中国商標専門チームが対応するため、迅速なレスポンスが可能です。

02.プロによる的確な翻訳とサポート

熟練のスタッフが出願書類に対して専門的な翻訳を行なうことはもちろん、必要に応じて出願人様とは随時確認の連絡を取ることにより、出願内容を十分に確認した上で、中国商標法の規定に合致した出願書類を作成します。また、出願後の中間処理においても、中国商標局から出された中国語書類を的確に和訳して、コメント付きの日本語報告書や案内レターを迅速に送付します。
北京アイアールは「知財・法務翻訳」で長年培った高度な翻訳スキルと実績を有しています。
日本語のニュアンスも含めて、的確な翻訳が可能です。
(※指定商品・役務は、日本と中国では概念の幅が異なるケースもありますので、ご注意下さい)
なお、日本語の商標について中国出願を検討される場合は、中国語商標のネーミングサービスもご活用ください。商品やサービスのイメージに合わせて、最適な漢字の組み合わせをご提案致します。

03.他の追随を許さない、驚異のコストパフォーマンス

当社は、出願前の先行商標調査、出願に関する情報の提供と事前確認、出願書類の翻訳/作成、出願書類の提出、出願後の中間処理とコメント作成等、中国商標登録に必要となる全てのサービスを、日本語に精通した商標専門チームがワンストップで提供できるため、低コスト化を実現できます。
さらに、当社北京事務所が中国の商標代理事務所であるため、基本的に当社グループ内で業務を完結することが可能であり、余計な中間コストが全くかかっていません
当然ながら、大手事務所のように高額な中間手数料がかかるようなことはありません。

商標調査の必要性

商品・サービスに商標を付して中国において販売等を行う場合、自らが出願をするか否かに関わらず、他人の商標権を侵害していないか事前に調査する必要があります。当然ながら、中国においても商標権の侵害は差止請求や損害賠償請求の対象となり、自社のビジネス展開に大きなダメージを与えることがあります。
もちろん、出願時に先行商標調査を行うことも重要です。他人の先行商標が存在すれば出願が拒絶され、出願費用は無駄になってしまうからです。

サーチャーのスキルが重要です

従来の中国商標調査は、中国商標局傘下の「通達商標服務中心」(商標サービスセンター)に検索・調査を依頼し、報告書を提供してもらうことが一般的でした。しかし、「通達商標服務中心」はすでに調査サービスの提供をやめています。

当社では「通達商標服務中心」が調査サービスを提供していたころから、「通達商標服務中心」による調査結果に加え、社内サーチャーによる独自の調査結果も提供してきました。
「通達商標服務中心」では類似の商標が見つかった時点で調査を打ち切ることもあったようですが、「通達商標服務中心」で報告された商標以外にも、複数の商標が類似として検出されるケースもありました。「通達商標服務中心」による調査サービスがなくなった現在では、調査会社や事務所のサーチャーのスキルがより重要になっています。

中国商標調査 料金表

(1)標準商標調査

抽出した先行商標について、日本語による詳細なコメント(見解)を記載した調査報告書を作成してお届けするスタンダードな商標調査サービスです。

標準商標調査 料金(税抜)
商標調査(文字商標) 28,000円/類/個
商標調査(図形商標) 35,000円/類/個

(2)簡易商標調査

調査報告書において、調査結果に関する詳細なコメントを省略することによって、より低コストでのサービス提供を実現しています。
社内にネイティブのスタッフがいる企業/事務所の方や、とりあえず支障になりそうな先行商標が存在しているか否かだけを確認しておきたい方にお奨めします。

標準商標調査 料金(税抜)
商標調査(文字商標) 18,000円/類/個
商標調査(図形商標) 25,000円/類/個

中国商標におけるネーミングの重要性

中国でビジネス展開する上で、中国語の漢字表記による商標を新たに検討し、選択することが必要となる機会は多いです。しかし、同じ漢字であっても、日本語と中国語とでは意味合いが異なることがあるので注意が必要です。

日本における商品名等を「発音」から中国語漢字に変換する、または「意味」から中国語漢字に変換することなどが一般的な方法と思われますが、中国語では悪いイメージを与える漢字を気付かずに使用してしまうケースも散見されます。ネイティブの中国人からすると考え難いような商標をつけているのです。こうした商標を使用してビジネスすることは恥ずかしいことであり、会社としての信用に関わる場合もあります。

一方、ブランドを重視する欧米企業の中には、良いイメージを与える中国語漢字を組み合わせてビジネス展開し、中国市場でブランドを深く根付かせているケースも多いです。

漢字の選定自体が、中国におけるブランド戦略の一つとなります。

中国でのネーミングに関する参考事例等はこちらをご参照ください。

最適なネーミングをご提案します

商標調査をしながら、類似とならない中国語名を3つ程度、ご提案します。ご提案の際には、商標名の称呼、意味、選択した理由などもご報告します。
候補として挙げた中から、称呼、意味などを勘案してクライアント様に選択して頂き、念のためその商標名について改めて調査を行い、類似している商標がなければ出願する方向で進めます。

先行商標調査を必須とした安心のネーミングサービスを
低コストで実現

いくらセンスの良いネーミングを行ったところで、その表記(類似含む)が他者によって既に商標登録されてしまっていると、これから出願しても登録を受けることは原則として出来ません。
そのため、当社の有料ネーミングサービスはプロが先行商標調査を行いながら、先行商標と類似とならないようなネーミングを行っています。料金(税抜)は下記のとおりとなります。

(1) 最初の分類:48,000円
(2) 2つ目以降の分類:30,000円
※例えば、3つの類についてネーミングを実施する場合は108,000円となります。

著作権登録のメリット

著作権関連の訴訟においては、権利の有効性に関する証拠資料の準備には大変な労力を要します。その立証負担の軽減を図るうえで著作権登録が有効となります。特に中国では模倣トラブルを想定しておく必要性が高いため、著作権登録を活用して予めリスクに備える企業が増えています。
中国での著作権登録には以下のようなメリットがあります。

中国での著作権登録のメリット

  • 未公表の著作物、公表したくない著作物、公開部数が少ない著作物であっても、その著作物の存在を立証でき、第三者に対して著作者であることを主張できます。
  • 著作権侵害等の事件が発生した場合、自らが著作者であることを立証する証拠書類となり得ます。
  • 著作権侵害行為に対する行政処罰を求める際に、証拠書類のひとつとして利用することが出来ます。
  • 第三者による冒認的な商標出願(悪意先駆商標)に対して、その登録を排除するための理由である「既得権保護」の対象として著作権の存在を主張できる場合があります。著作権登録をしておくことで、その際の立証の負担を小さくするこができます。

中国著作権登録の必要書類

01.申請人が捺印した登録申請書

お客様(申請人)の基本情報をご提供いただき、それに基づいて当社で書類を作成致します。この書面に捺印して頂く流れとなります。

02.作品の見本

03.申請人及び作者の主体資格証明資料

  • 法人の場合:登記簿謄本など
  • 個人の場合:身分証明書のコピー

04.作者がサインした作品に関する説明書類

創作の目的、用途、構想から完成されるまでの過程及び作品の独創性についての説明が必要となります。

05.申請人が捺印した委任状(原本)

当社で委任状を準備しますので、書面に捺印して頂きます。

06.申請人が捺印した権利保証書(原本)

登録申請する作品の権利が申請人にあり、提出した書類すべてが真実かつ合法的なものであることを保証するための書面で、申請人が捺印が必要です。
(※決められた書式がありますので、ご依頼された場合、申請人様からサイン及び捺印して頂ければ結構です。)

登録までの所要時間

申請後1~2ヶ月程度で登録となります。