• 特許調査・技術情報調査|知財業務ソリューション|技術者教育・知財教育|特許/技術系翻訳・法務翻訳の日本アイアール株式会社

  • Generic selectors
    Exact matches only
    Search in title
    Search in content
    Search in posts
    Search in pages
    Filter by Categories
    china_IP-Legal
    china_patent-report
    news
    news2018
    news2019
    notice
    no_show
    募集職種
    書籍
    未分類

中国特許係争対応

経験豊富な中国弁理士が日本で対応します。
中国への出張も不要です。

鑑定から警告書の作成・送付、無効審判・訴訟対応まで日本国内でワンストップサービス

中国における侵害品対策の必要性は高まるばかりです。仮に中国で特許権などを取得しても、適切に権利行使をしなければ意味がありません。しかし、中国で権利行使をするには、それなりの体制や現地でのルートが必要です。警告書を作成するだけであっても、ハードルが高いという企業様も多いようです。このサービスでは、日本に常駐している経験豊富な中国弁理士と、係争対応の進め方について日本語で打ち合せをすることが可能です。わざわざ中国に出張する必要もありません。
もちろん鑑定書や警告書の作成も日本で対応し、相手方への書類送付等については、中国現地事務所と緊密に連携して対応します。
北京龍双知識産権代理有限公司には、知財係争に精通した有力弁護士が所属しています。訴訟にまで発展しても、継続して対応可能な体制となっています。

急増中!
中国企業からの警告状が来た場合もご相談ください。

近年、中国企業(もしくは個人)が日本企業に対して特許権・実用新案権侵害を理由とした警告を送付してくるケースが増加しています。まずは狙いを定めるために日本企業各社の対応をうかがっていると思われるケースもあり、慌てず冷静に対応することが重要です。非侵害の確証があれば、その旨を適切に回答することで何事もなく終わるケースも多くあるようです。
もちろん、非侵害であることを証明することは技術情報やノウハウの流出につながるリスクになります。回答文のニュアンスも含めて、打ち合わせ等において貴社の意向を確認させて頂きますのでご安心ください。

料金体系

タイムチャージでのご請求が基本となりますが、内容に応じて予め概算の御見積を提示させて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。