発明提案の質と量を飛躍的に向上させる方法(公開セミナー)

  • home >
  • 発明提案の質と量を飛躍的に向上させる方法(公開セミナー)

このセミナーは終了しました。ご受講頂いた皆さま、ありがとうございました。

 

主催:日本アイアール株式会社

2015年12月2日開催 成果を出せる特許セミナー
発明提案の質と量を飛躍的に向上させる方法

 

この研修は、日本弁理士会の継続研修として認定を 申請中です。
この研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として5.5単位が認められる予定です。

 
 
貴社ではこんなお悩みはありませんか?
◆発明の提案(届出)の件数自体が少ない、または減少が止まらない・・・
◆発明提案の件数はあるが、提案書の質(レベル)があまりに低い・・・
◆発明提案してくる人が、いつも同じ顔ぶれである・・・(発明者人口が増えない)
 いわゆる“強い特許”を如何にして生み出していくかは、知財部門にとっての最重要課題の一つです。
 強い特許の源は発明者の頭の中にあります。そのため、発明者自らが良質な発明提案書を作成できるスキルを身に付けて、最適な形でアウトプットすることが重要となります。
 このセミナーでは、生まれたアイデアを展開する方法とそのまとめ方、そして強い特許を作り出すための思考プロセスを説明していきます。講義の内容を単に頭で理解するだけではなく、実践的な個人演習・グループ演習を取り入れることで、学んだ技法を日々の業務ですぐに活用できるようになることを主眼としています。
 また、知財担当者の皆さまには、「質の高い発明提案書の書き方」を自社の技術者の方々へ上手に教えるためのポイントを習得する機会としてもご活用頂けます。
 技術者向け特許研修として多くの企業で採用され、成果を出し続けている人気セミナーです。
 是非この機会にご参加ください!
このセミナーを受講するメリット

◆発明提案書を出せず苦労している研究開発者/技術者の方へ
・提案の質と量が向上することで、技術者としての評価も確実に上がります。
・今年度の発明提案のノルマ解消(?)にも直ぐ役立ちます。部下への指導(アドバイス)にも使えます。

 

◆発明提案書が出ないで苦労している知財担当の方へ
・質の高い提案書の書き方がわからない発明者に対する「上手な教え方」のツボを学ぶことができます。

 
 
発明提案の質と量を飛躍的に向上させる方法 講座内容(予定)
(1) 発明提案書とは何か
(2) 特許につながる発明
(3) 説得力のある発明提案書の書き方
(4) 発明の把握と展開
(5) 強い権利を取得するために
(6) 1シートの発明提案書
(7) 技術概念定義と特許請求の範囲
(8) グループ演習、発表と講評
(9) 発明提案書から特許明細書へ

 

講師の紹介
長谷川公彦講師
長谷川 公彦 ( はせがわ きみひこ)
アイディエーション・ジャパン株式会社CTO
国際認定TRIZプラクティショナー
(社)発明推進協会 知的財産アドバイザー
TOCICO認定ジョナ
NPO法人日本TRIZ協会理事


企業にて設計・開発業務、特許室長等を歴任。特許事務所における特許出願・中間処理、特許調査、知財創造コンサル業務などの活動を経て、アイディエーション・ジャパンへ入社。特許実務に関する豊富な経験を活かし、発明発掘や研修を含むコンサルティング活動を中心に活躍中。
多数の知財関連セミナーで講師を務める「特許教育のプロフェッショナル」です。TRIZやTOC等の様々な手法や思考法を用いて、実践的な演習を加えながら万人が実行出来る形で学ばせる研修には特に定評があります。



開催日

2015年12月2日(水)

時 間

10:00~16:50
場 所
日本アイアール㈱ 本社会議室
 
★交通アクセス:四谷三丁目駅 徒歩6分 他
定 員
16名
受講料
24,000円/1名(税別)[税込:25,920円/1名]

※最小催行人数に満たない場合、延期もしくは中止させていただく場合がございます。

 

お申し込みはこちらまで ⇒このセミナーは終了しました
メールによるお申し込み: ir@nihon-ir.co.jp

   ★メールに以下の内容を記載して送信してください。

    ・受講セミナー名(「発明提案の質と量を飛躍的に向上させる方法」と記載してください)

    ・会社名 ・部署名 ・住所 ・受講者の方のお名前 ・電話番号 ・FAX番号 ・メールアドレス

FAXによるお申し込み: 03-3357-8277

   ★FAXの方はこちらの申込書をご利用ください。

 

 

 
 
お問い合わせ先
日本アイアール セミナー事業部 福田・三瀬
TEL:03-3357-3467
FAX:03-3357-8277

知財セミナー情報のトップページ

 

北京アイアール中国知的財産サービスセンター中国語翻訳PRO