事業戦略・技術開発戦略を推進するための「使えるパテントマップ」の作成法と活用法(2014年2月12日開催)

  • home >
  • 事業戦略・技術開発戦略を推進するための「使えるパテントマップ」の作成法と活用法(2014年2月12日開催)

本セミナーは終了しました。ご受講頂いた皆さま、ありがとうございました。

主催:日本アイアール株式会社

事業戦略・技術開発戦略を推進するための
「使えるパテントマップ」の作成法と活用法

この研修は、日本弁理士会の継続研修として認定を 申請中です。
この研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として5.5単位が認められ る予定です。

2014年2月12日(水)開催決定!
今、パテントマップを作成して知財戦略の立案や経営戦略の指針として利用する企業が増えています。その中には、経営方針に基づいた戦略的な特許出願が命題となり、目的に応じたパテントマップを作成し、成果が上がっている企業もあります。しかし、作成しても使えない、使ってもらえないという知財担当の方がいることも事実です。ではなぜ使ってもらえないのでしょうか?それはパテントマップさえ作れば「知財戦略が立てられる」「技術開発のヒントが得られる」「~できる」という錯覚(いわゆるパテントマップ症候群)に陥っているからではないでしょうか?
今回のセミナーでは
1. 知財戦略を立案するためのパテントマップはどんなパテントマップか?
2. そのパテントマップはどのように作成して、どのように使えば求めていた知財戦略が立案できるのか?
3. 具体的なパテントマップとして、課題を見つけるためのパテントマップ、用途開発をするためのパテントマップとはどんなものか?
などについて具体例を挙げながら解説します。
とりわけ使えないのは目的を明確にしないまま作成してしまっていることや様々な目的に対し、一つのパテントマップを作成すれば済むと考えていることが原因 です。また、作成するパテントマップによっては技術者・研究者も巻き込むことも重要となります。この機会に使える(使ってもらえる)パテントマップを作成 しませんか?皆様のご参加をお待ちしております。
本セミナーを受講するメリット
1. 知財活動を活発化させるためのパテントマップを作成することができるようになります。
2. 知財情報によって開発活動を支援することができます。
3. 新商品開発のための知財活動が推進できるようになります。
4. 経営者・技術者/研究者に喜ばれるとともに信頼度が増します。
5. 開発活動の未来像が創造できるようになります。

 

「使えるパテントマップ」の作成法と活用法(抜粋)
(1) パテントマップを作成する目的
(2) パテントマップから何を見出し、どうしたいのか
(3) パテントマップの種類
・競合企業の出願動向、技術動向を探る
・技術開発のためのヒントを得る
・技術を体系的に把握する
・他社の権利の状況を把握する
・特定技術の技術開発の広がり、開発の特質を探る
・技術予測をする
・他社の利用できる技術を発見したり、その状況を見る
・強い特許を取得する
(4) 知財戦略とパテントマップ
 (5) 特許出願の群管理とパテントマップ
 (6) 研究開発のためのパテントマップ
パテントマップを使った研究開発
(7) 新しい課題を発見するパテントマップ
(8) 解決手段の妥当性から課題を発見する方法
(9) 課題(目的)の妥当性の確認
(10) 目的の構造化と手段の構造化
(11) パテントマップとマーケットマップとの対比
(12) 次世代のコア技術を開発するためのパテントマップ
講師の紹介
講師写真
長谷川 公彦 ( はせがわ きみひこ)
アイディエーション・ジャパン株式会社CTO 国際認定TRIZプラクティショナー(社)発明推進協会 知的財産アドバイザー、TOCICO認定ジョナNPO法人日本TRIZ協会理事、同知財創造研究分科主査、等価変換創造学会会員


現在はアイディエーション・ジャパン株式会社に勤務。豊富な経歴を生かして、講演・発明発掘を含むコンサルティング活動を中心に活動中です。発明推進協会さんの夜間講座を初めとして、様々な講演活動も行っております。TRIZやTOC、MEMODAS等を用い、思考法を万人が実行出来る形で実践的に学ばせる講座は特に定評があります。



開催日

2014年2月12日(水)

時 間

午前 10:00~13:00
午後 14:00~16:50
場 所
機械振興会館 地下3階6号室
定 員
25名
受講料
25,000円/1名(税込)

※最小催行人数に満たない場合、延期もしくは中止させていただく場合がございます。

 

お申し込みはこちらまで
メールによるお申し込み: ir@nihon-ir.co.jp
FAXによるお申し込み: 03-3357-8277

 

お問い合わせ先

日本アイアール セミナー事業部 福田・三瀬

TEL 03-3357-3467



出張セミナー情報

  本講座は出張セミナーの開催も可能です。社内の特許研修の一環としてご活用いただけます。
  詳細については「日本アイアール・知的財産研修センター」のサイト

  (「正しいパテントマップの作成法と活用法」の出張セミナー情報)をご参照ください。

直近のオープンセミナー開催情報はこちらをご参照ください

北京アイアール中国知的財産サービスセンター中国語翻訳PRO