21世紀企業に必須の「経営知財スペシャリスト」を育成する講座 IPアカデミー

  • home >
  • 21世紀企業に必須の「経営知財スペシャリスト」を育成する講座 IPアカデミー


2012年度のIPアカデミーは終了しました。ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。

IPアカデミーで開催した講座の一部は、日本アイアールの「知的財産研修センター」で継続しております。

この講座は、日本弁理士会の継続研修として認定を受けています
この講座を修了し、所定の申請をすると、外部機関研修として単位が認められます(各講座、2.5単位)

 

 21世紀企業に必須の「経営知財スペシャリスト」を育成する講座
【IP(Intellectual property)アカデミー】

講座期間
東京地区
2012年05月~2012年10月+オプション(東京)
講座期間
大阪地区
2012年10月~2013年03月+オプション(大阪)
※ 大阪・東京の講座内容は同じです。

 

 2011年度も中小企業向けの知的財産講座「IPアカデミー」が開講します。中小企業で通用する「知財マン」を育てます!「知財倒産」を招かないようにするにはどうすべきか!
この「IPアカデミー」には、経営知財スペシャリストに必要なスキルを身に付けるための、体系的なカリキュラムが用意されています。「特許とは自然法則を使って・・・・・・」云々、こんな知識の詰め込み教育を目指しているわけではありません。「常勝企業の知財戦略」「特許の出願戦略」「特許を出願しない知財戦略」「技術者をやる気にさせる知財戦略」つまり、「耳学」だけでなく「見学」「手学」「足学」「志学」へ。これが、実践的な「本講座」のミッションです。
ぜひこの機会に、経営知財スペシャリストを目指してください。
IPアカデミー授業料


1、一般参加者:50,000円(税込)

2、一般財団法人大阪大学産業科学研究協会会員は、東京・大阪.合計2名様まで無料、3名様以上は25,000円(税込)/人

特徴

  • モノつくり、知財実務に精通した一流講師による対面教育とインターネット講座の併用で知財人材の育成と強化を実現させます
  • 海外進出企業を「知財面」から支援できるカリキュラムを組んでいます (知財の国際化に対応、特に新興国の対応を教授)
  • 講師と受講者が議論する時間をとっています。受講者同士の交流が活発になる雰囲気を提供して、人脈の構築が可能です。
  • 講座修了後も知財に関するトラブルの相談やコンサルテーションを受け付けます。
  • 「IPアカデミー」は、主催者の基金を基に創設主旨に賛同いただいた法人、団体等からの支援で運営をしています。

 

中小企業も世界市場で勝負する時代に

中小企業は大手の頚から脱皮して独自の技術を深め、「知的資産経営」を導入せねば経営が成り立たない時代となりました。成熟・衰退を迎えた国内市場だけでは成長は見込めず、海外市場(特に新興国市場)を開拓するしかありません。そこで重要視されるのが知的財産権です。製品を作って輸出する時代は既に終わり、これからは知的財産権を輸出して正当なライセンス料を海外パートナーから頂く「共生」と、ライバル企業との競争、つまり「戦争」という2面を持つ時代へ変わりました。特に中小企業は権利が行使できる外国への特許出願戦略が極めて重要となります。だからこそ、「自社自前」の「経営知財スペシャリスト」の育成が必要なのです。

講座の概要


「基本講座」は通学による講師の「教室授業」とWebによる「ネット授業」から構成されています。

【教室】下記の会場を予定しています。
(東京地区)機械振興会館
(神谷町駅)
(大阪地区)大阪大学産業科学研究所内
インキュベーション棟1F講義室
(北千里駅、阪大病院前駅)

【登校日・時間】
原則毎月第3金曜日(13:15~15:50)
第一回:東京 5/18:大阪 10/19
第二回:東京 6/15:大阪 11/16
第三回:東京 7/20:大阪 12/21
第四回:東京 8/17:大阪 2013/1/18
第五回:東京 9/14(※):大阪 2013/2/15
第六回:東京 10/19:大阪 2013/3/15
※9/14開催のみ第2金曜日となります。

【定員】
東京・大阪とも40人
●「基本講座」終了後も個別に支援、指導をいたします。更にスキルアップを目指したWeb、DVDによる「オプション授業」を用意しています。
(☆)米国特許文書と出願方法の基礎を学ぶ(全8時間):WEB
(☆)弁理士が書いた特許明細書のチェック方法(約1時間30分):DVD
●申し込みは随時受け付けています。
(途中の回からでも参加できます)
●出席できない時は代理者の出席が可能です。

 

教室授業カリキュラム


第一回 管理知財から経営知財への革新
講師:玉井 誠一郎 〈一般財団法人大阪大学産業科学研究協会 専務理事 大阪大学 客員教授〉
「知財戦略経営概論として、経営に資する知財の本質を論じる」


第二回 質の高い特許を取得して企業価値を高める
講師:橘 和之〈一燈国際特許事務所 所長・弁理士〉
「質の高い特許を取得するための考え方と実践法」
「特許調査の基本」「明細書の品質が特許戦略の基本」


第三回 中小企業が海外進出する際の知財戦略
講師:矢間 伸次〈日本アイアール㈱ 社長〉
「中国の知財事情」
講師:森 詩郎〈(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)在外企業支援・知的財産部 知的財産専門家〉 「ニセモノ対策」


第四回 米国における特許戦略の実際と対策
講師:土井 悦生〈フォーリー&ラードナー法律事務所 パートナー弁護士〉
「米国における知財の現状と対策」


第五回 知的財産と資金調達、知的財産の価値評価
講師:玉井 誠一郎 〈一般財団法人大阪大学産業科学研究協会 専務理事 大阪大学 客員教授〉
「知財の価値評価と資金調達」


第六回 知的財産のライセンス活動
講師:清水 裕一〈大阪大学産業科学研究所 産学連携室 特任教授〉
「特許ライセンス、技術移転契約及び産学官連携活動について」

インターネットによる学習講座概要
(提供:NRIサイバーパテント/日本アイアール)


1.知的財産権について学ぶ
入門編/応用編
 
2.技術者のための知的財産
技術者のための特許入門/成熟期・衰退期における「筋の良い研究テーマの発掘法」/創造(発明)技法の実践/強い発明提案書の書き方
 
3.全社員の知財マインドアップ
なぜ特許が重要視されるようになったのか/特許とは会社が儲かるためにある/嶋弁理士の「ひとくちメモ」56選
 
4.ビジネスモデル特許
入門編/基礎編/応用編
 
5.技術者・知財マンの実践スキルアップ
情報活用とR&D部門の変革/ずばり特許調査の秘訣教えます/パテントマップの作成-導入編、実践編/「テーマ探索用」のパテントマップ/特許明細書を「読む・作成」講座
 
6.米国特許
英文構造を理解してUSPを読む/米国特許文書の作成と出願方法/米国特許のクレ-ムを知り、読む
 ●各講座にテスト機能があります。テストは選択方式で、採点ができます。
●受講状況を管理する機能があります。主催者側は受講者・講座ごとの進捗状況をチェックすることができます。

このような人材(財)つくりを目指しています

  • 発明者から発明を引き出せる「聞き出し上手」になる。自社の知財戦略を策定する。経営陣や周りからの理解と協力が勝ち取れるコミュニケーション能力を鍛える
  • 情報感性を鍛えて、積極的な情報発信を心がけ、仕事を楽しむ創造力を鍛える
  • 「論理的思考」を身につけ、「こと」の本質を理解し、判り易い説明力と文章力を鍛える
  • 世界で活躍できる「タフな」思考と情報分析能力(インテリジェンス)を備える
  • 自分の頭で考え、正しく行動ができ、リスクを想定し、リスクが負える勇気を備える
  • 「蛸壺」に陥らない総合力と公正な判断ができるバランス能力を備える
パテントトロール対策セミナー
(提供:日本アイアール)



このセミナーは日本アイアールが定期的に開催している有料セミナーですが、「IPアカデミー」受講者は無料で参加できます。米国においてパテント・トロール相手に厳しい陪審裁判の実戦を勝ち抜いたからこそ獲得できた「戦いを勝ち抜くために必要なこと」や、実戦的な「心構え、知恵」を伝承します。(講師:知的財産活用研究所顧問 長谷川 修司)
●パテント・トロールの基本戦略
●実践、日本企業vsTKT社のケース
●パテント・トロール必勝戦略      など

NRIサイバーパテントと日本アイアールユーザーの割引について「IPアカデミー」を後援、サポートしているNRIサイバーパテント㈱と日本アイアール㈱からの御紹介ユーザー様は、25,000円で、参加できるよう、配慮いたしました。

★ただし、先着順で定員になり次第、締め切らせて頂きます。ご了承ください。(学生の特別招待枠も若干用意しています、遠慮なく相談下さい)

有料公開講座への割引御招待
☆演習で学ぶ:「特許情報から発明をする方法」「ターゲット特許から発明を生み出す方法」「MC法で強い発明提案書をつくる」「パテントマップから開発テーマを見つける」「内外国の特許調査のすすめ方と特許公報の読み方」他
中小企業・中堅企業の現役社員だけでなく下記の方の参加も歓迎です
☆中小企業、中堅企業の経営に必要な「知財スキル」を身につけ、中小企業・中堅企業への「コンサルティング業」を目指している方、「コンサルティン業」を開設している特許事務所の所員、「経営知財」に興味のある特許弁理士、【知財活用】に関心のある大学、公共研究機関の知財関係者、学生、特許事務所の方、企業の方

 

【主催】 一般財団法人大阪大学産業科学研究協会 http://www.sanken.osaka-u.ac.jp/RAIS/
【共催】 大阪大学 産業科学研究所
【後援】 NRIサイバーパテント株式会社、日本アイアール株式会社
【協力】 産経新聞社、(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)、(独)中小企業基盤整備機構、一般社団法人知財経営推進企業協会(IPMA)

 

お問い合わせは
お電話:03-3357-3467
メール:ir@nihon-ir.co.jp
フォーム:こちら
からお願いいたします。

北京アイアール中国知的財産サービスセンター中国語翻訳PRO